Topics / お知らせ

産経らくご
SANKEI ART TOPICS

イベント

日本洋画壇を牽引した三岸好太郎・節子夫婦の出会いから100年を記念した、約30年ぶりの二人展。札幌・砺波・神戸・一宮を巡回。
日本のポップカルチャー界で活躍するイラストレーターら約100人の描き下ろし新作を一堂に集めた展覧会。
出品作の大半が日本初公開!モネなど画家全盛期の作品を含むイスラエル博物館の「印象派」約70点を紹介。
フィリピン、マニラ生まれの世界的に活躍する現代アーティストの一人、ロナルド・ヴェンチューラ。今回は日本で初めての大規模な展覧会となります。
フィンランドデザインの近代化の歩みとその精華を、マリメッコなどのテキスタイルやカイ・フランクらによるガラス工芸作品を軸に紹介。
フェルメールの《窓辺で手紙を読む女》を修復後、所蔵館に次いで世界初公開。その他、17世紀オランダ絵画の名品約70点を紹介。
高校ダンス部の日本一を決める大会 ダンススタジアム。
11回目となる「2021今年最後の立川志らく独演会」。今回の演目は、「死神」「らくだ」「芝浜」の三席となります。
出演は落語会をプロデュースする昔昔亭桃太郎、落語通好みの瀧川鯉昇、人気と実力を兼ね備えた柳家喬太郎。芸風やキャラクターがまったく異なる3人の落語会です。
多彩な顔ぶれでお楽しみ頂いております「大手町落語会」。第70回の出演は柳家さん喬、柳家権太楼、瀧川鯉昇、桃月庵白酒、金原亭馬久です。
産経新聞の主催公演としては初の顔合わせとなる春風亭一之輔、桂宮治のふたり会。千載一遇の落語会です!
年4回の桂宮治独演会。よみうり大手町ホールでの秋スペシャルを挟み、2021年度最後の公演は国立演芸場へ戻ってきます!
明るく陽気な高座で人気を集める三遊亭兼好による落語会「けんこう一番!」。19回目の公演は、ゲストに音楽パフォーマンスの【のだゆき】さんをお迎えします。
「子供たちに優れた本を」を主旨に、1年間に出版された児童書から優秀作品を選考。1954年制定。