ART TOPICS

2021年10月5日

声優・榎木淳弥さんが音声ガイドに 「印象派・光の系譜」展

三菱一号館美術館(東京都千代田区)で15日から開催される「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜」展の音声ガイドナビゲーターに、声優の榎木淳弥(えのき・じゅんや)さんが就任した。榎木さんは「100年前の画家たちが切り取った瞬間を共有できる絵画。音声ガイドを聞きながらご覧いただけたら、より一層楽しめると思う」と笑顔で話す。

israel2_img01.jpg

「解説があると、より絵の世界に入りやすいのかな、と思う」と話す声優の榎木淳弥さん(提供写真)

榎木さんはこれまで、人気アニメ「呪術廻戦」の主人公、虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)役や「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」のパンナコッタ・フーゴ役、映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の主人公、ピーター・パーカー(スパイダーマン)役の吹き替えなどで活躍し、幅広い層から支持を集めている。

一方でナレーションの経験は少ないといい、今回の収録にあたり「結構、練習した。過去のガイドを参考にスピード感を計ったり...」と振り返った。「やっぱり『ガイド』ということで、うるさくないように、あまり感情を込めず、淡々と、とにかくゆっくりと読もうと。あとは美術館なので、専門用語のアクセントは正しく読もうと心がけた」

気になる画家はゴッホだといい「悲劇的な最期も含め、表現者ならではの苦悩があったのかな...と思う。僕も役者ではあるので、同情してしまう」と話す。展示作品について「やっぱり見ると、楽しい、きれい。原稿を読んでいても、絵の美しさを感じることができました」と話した。

《開催概要》
イスラエル博物館所蔵「印象派・光の系譜」 ― モネ・ルノワール・ゴッホ・ゴーガン
【会期】10月15日(金)~ 2022年1月16日(日)
【会場】三菱一号館美術館
【主催】三菱一号館美術館、イスラエル博物館(エルサレム)、産経新聞社
【展覧会HP】https://mimt.jp/israel/

※2022年1月28日(金)~4月3日(日)、大阪・あべのハルカス美術館に巡回予定。

(産経ニュースより)